化粧品OEM製造の流れ

ご依頼から商品化までの流れをご紹介いたします。

STEP 1「ヒアリング」

ヒアリング ヒアリング

ご要望の化粧品コンセプトを伺い、製品仕様・内容量・ロット数・コスト等、化粧品をつくるために必要な情報を確認させていただきます。

STEP 2「処方開発」(バルク)

「処方開発」(バルク) 「処方開発」(バルク)

試作・研究開発

ご要望・コンセプトに沿った有効成分・ベース基材をご提案し、試作いたします。試作品をご評価いただき、再度ご希望の使用感を目指して改良を行います。

処方決定

試作を経て、テスクチャー・有効成分等ご評価いただき、製品化するバルクの処方を決定します。

STEP 3「製品仕様」

「製品仕様」 「製品仕様」

資材「容器」の選定

化粧品を入れる容器のデザインや形状・大きさ・見た目の色や印刷について、イメージやバルクに沿ったものをご提案します。
※ご支給でも弊社手配でも可能です。

製品仕様の決定(そのほか資材の決定)

化粧箱やシュリンク・ラベルや輸送箱といった、納品荷姿時の製品仕様を決めます。

STEP 4お見積からご契約・ご発注

お見積からご契約・ご発注 お見積からご契約・ご発注

御見積

バルクの処方と製品仕様が決まったら、御見積いたします。(御見積の際には、処方・内容量・仕様・ロット数が必要となります。ご希望のパターンに合わせて作成します。)

契約・御発注

御見積の内容を承認いただき、商品化が決定されましたら、FAXもしくはメールにて御発注ください。契約書は適宜対応可能ですが、御発注時には機密保持契約書及び取引基本契約書の締結をお願いいたします。

STEP 5資材の調達・薬事申請

資材の調達・薬事申請 資材の調達・薬事申請

ご要望の際はお付き合いのある資材メーカーから資材手配も可能です。作成いただいたデザイン・版下データを薬機法及び関連法規に沿って、確認致します。医薬部外品をご希望の際には、スケジュールが大きく異なりますので、早めにお知らせください。

STEP 6生産

生産 生産

ISO9001に沿って、決定したバルク・仕様にて商品を生産いたします。初回生産時には、充填立合い・工場見学していただけます。
※国際規格ISO9001を館林工場、本社で認証取得しています。

STEP 7納品

納品 納品

品質管理による確認のうえ、ご指示の場所・期日に製品を納品いたします。

  • 原料からこだわりたい
  • 最小ロットは?
  • 見積もり・提案が欲しい
  • 納期が知りたい

化粧品OEM・医薬部外品受託製造のことなら
何でもお気軽にご相談ください。

  • メールからお問い合わせ
ページTOPへ