2012年紫外線対策

夏がすぐそこまでやってきました。
日差しが強くなると気になるのは紫外線対策ですよね。
美白志向がますます強まる中、女性はこの夏に備えてどんな紫外線対策を講じているのか。
2012年の傾向を見てきましょう。

堅調なサンケア化粧品

最初にマーケットの動向をチェック!
伸び悩む化粧品市場においても、サンケア分野は好調です。
経済産業省の動態統計調査によれば2011年は前年比3%増を達成しています。
ではどんなブランドが売れているのでしょう。
日焼け止めブランドに関するJRM生活綜合研究所の調査結果では、「知っているブランド」「広告や店舗で診たことがあるブランド」
「買ったことがあるブランド」では、いずれも1位を資生堂のアネッサが独占しました。
キャッチコピーの「最愛の肌へ、最強アネッサ」は伊達ではないようです。
アネッサのほか強いのは、ビオレやメンソレータム、ニベアといったドラッグストアでおなじみのブランドばかり。
価格も500円1000円程度と値ごろ感があり、水のような使用感を追求した高SPF値の日焼け止めが
マーケットでは圧倒的な存在感を放っています。

オーガニック系日焼け止めが人気

一方、東急ハンズやロフトの売り場や女性誌の世界をのぞくと、別の世界が見えてきます。
オーガニック系の日焼け止めの注目度が上がっているのです。
人気の理由を以下にまとめてみました。
・肌に負担をかけない
・紫外線吸収剤を使いたくない
・オーガニックコスメの質がここ数年で向上してきた
女性の自然志向はとどまるところを知りません。

やっぱり高いSPF値がほしい

では、実際にどのようなオーガニック系の日焼け止めが人気なのでしょう。
オーガニックと一口に言っても、女性の志向ごとに人気商品が異なります。
例えば、肌に負担をかけたくはないが、SPF値の高さも望みたい。
そんなわがままなニーズに応える一品として人気なのが、ジョンマスターオーガニックの「ナチュラルミネラルサンスクリーン」です。
100%天然由来を持ち味とするこの商品のSPF値は30。SPF値15程度が一般的なオーガニック系の中では高めの部類です。
伊勢丹新宿店でも人気絶好調のこのアイテムは、いまの女性の志向を顕著に映し出している一品といえるでしょう。
アメリカ発のオーガニックブランド、バジャーの「サンスクリーン フェイス&ボディ」も注目度の高いアイテムです。
SPF値は30あり、山ガールなどアウトドア派の女子の利用も多いとか。ウォータープルーフ仕様も人気の一因です。
さらに、フランス発オーガニックブランドのSINN(シン)の「UVケアミルク」も話題性の高いアイテムとして挙げられますね。
これは、後で紹介しますが、化粧下地としても使える仕様も人気の一因です。

ベビーも使える安心安全の日焼け止め

赤ちゃんにも使えるオーガニック系を使いたいという女性も少なくありません。
このタイプに人気なのが、メイドオブオーガニックの「オーガニック サンプロテクトクリーム ママ&ベビー」やエルバビーバの「チルドレンサンスクリーン」。ともにSPF値は15です。
ひらめき こうしたベビー用の日焼け止めを使っているのは必ずしもママとは限りません。
「赤ちゃんに使えるのなら安全安心」と考えて積極的に使用している女性が多いのです。

保湿力の高さも・・!?

ケミカルの日焼け止めを使うと肌が乾燥するので、保湿力の高いオーガニックの日焼け止めを使いたい。そんな女性に支持されているのが、50mlで9450円と高価格帯ながらも、根強いファンを獲得しているオーガニックエレメンツの「グローバルシールド」です。
SPF値は15と低めですが、肌なじみの良いテクスチャーや高い保湿力は高く評価されています。
また、高いSPF値で人気の商品として先に紹介したジョンマスターオーガニックの「ナチュラルミネラル
サンスクリーン」もその保湿力には定評があります。
「保湿」は日焼け止め商品の重要なキーワードなんですね。

紫外線防止だけでは物足りない

これ1本で何もかも済ませたいーー。そんなオールインワン志向は日焼け止めの世界にも広がっています。
日焼け止めと化粧下地とエイジングケアの三役をこなすとして人気沸騰中なのが、ジュリークの「グレイスフル ビューティデイクリーム」(SPF15)。
この「グレイスフルビューティ」というのは、美しく優雅に年齢を重ねるためのエイジングラインとしてジュリークが新しく立ち上げたラインですが、
日焼け止め機能に加えて、「ハリのある肌に導く」効果と、化粧下地としての機能をプラスし、女性の支持を獲得しました。
「グレイスフルビューティ」のようなエイジングケアまではいかないながらも、化粧下地と日焼け止めを兼ねるというアイテムはもはや珍しくなくなっています。
ロゴナの「サンプロテクトローション」と、先に紹介したSINN(シン)の「UVケアミルク」もやはり、下地機能が受けている日焼け止めです。
もう、紫外線防止の機能だけが求められた時代は遥か彼方に過ぎ去ってしまったことは間違いないようです。
オーガニック、潤い、化粧下地、エイジングケア、安心安全な仕様、肌になじむテクスチャー…。
日焼け止めにマルチの機能を求められる時代がやってきました!

  • 原料からこだわりたい
  • 最小ロットは?
  • 見積もり・提案が欲しい
  • 納期が知りたい

化粧品OEM・医薬部外品受託製造のことなら
何でもお気軽にご相談ください。

  • メールからお問い合わせ
ページTOPへ