CSRニュース 2019.5.30 【館林高等特別支援学校様とのボイセンベリープロジェクト】農場実習

耕作放棄地を活用して、群馬県立館林高等特別支援学校の生徒とともにまちの名産ボイセンベリーを育てるプロジェクトは2年目を迎えました。

いよいよ本年も、弊社の農園にて、ボイセンベリーの収穫の時期を迎えようとしております。
そんな最中、5月29日曇天の中、館林高等特別支援学校の生徒7名が実習として畑の除草作業に来てくれました。
引率の先生2名と、農園顧問(仮称)である弊社従業員のお父様と樋口(見ていただけ)の総勢10名(9名)での作業となりました。

顔中泥だらけにして這いつくばって懸命に作業する男子生徒、時折楽しそうに会話しながら作業する女子生徒達、淡々と一人で作業する男子。
個性豊かで、一生懸命な姿は微笑ましく、且つ頼もしくもありました。
大変助かりました。本当にありがとうございました。

花が枯れ、実が大きく成長しており、昨年以上の収穫が期待できそうです。
6月13日にも同生徒と共に弊社従業員も収穫を実施致します。
※午前11時頃を予定

農園に笑顔があふれることは必至です。
ご興味ある方は是非、見学、収穫にお越しくださいませ。

  • 原料からこだわりたい
  • 最小ロットは?
  • 見積もり・提案が欲しい
  • 納期が知りたい

化粧品OEM・医薬部外品受託製造のことなら
何でもお気軽にご相談ください。

  • メールからお問い合わせ
ページTOPへ